誰でも出来る簡単な禁煙法 メール リンク集 更新情報
タバコ

タバコの狡猾な洗脳

ここまでに何度かタバコは洗脳であると語ってきましたが、洗脳という言葉を使ったのは故アレン・カー氏の受け売りであり私に禁煙を決意させてくれた言葉でもあります。この大袈裟に聞こえる表現が決して誇張では無い事を説明していきます。

タバコは美味しいという洗脳

もし親が喫煙者であれば、私自身がそうだったようにその親の子は必ず疑問に想う。「タバコって美味しいの?」。私の父はそんな疑問に明確に答える事は出来なかったが吸っていると落ち着くが子供の体にはとても悪い物だと語っていた記憶がある。仮にタバコを美味いと思っていても子供に「タバコは美味いぞ!」と語る親は稀だろう。体に悪い事は当然知ってる事だし子供がマネして吸わないように、場合によっては誤って食べたりしないように美味い物だとは答え無い筈だ。

しかし喫煙者の子はずっと疑問を抱きながら育つ事になる。どうしてタバコを吸い続けるのか?きっと美味しいに違いない。そして一度吸ってみたいという欲望が湧いてくる。これは特別な事ではなく自然な事だと思う。しかし幸いにも我が家はタバコが家の中に放置されているような環境では無かったので、お釣りで買えるガムやチョコを餌に父にタバコを買いに行かされる事はあってもコッソリ親の目を盗んで吸う機会というのは無かった。何より甘く強烈な刺激のするチョコレート、何種類もの味があるスナック菓子、新味の飴、人気キャラクターのガム、冷やりと爽快なアイスクリーム他、子供にとってタバコよりずっと魅力的な物が世の中に溢れていた。

私も10代半ばになりある程度は大人になったという自覚が出てきてチョコレートやスナック菓子では心動かない年頃になった。その当時の私の心を奪ったのは流行りの歌やドラマ、テレビタレント、テレビゲーム、贔屓のスポーツチームやスポーツ選手だったりと一般的な10代の少年と変わらなかったと思う。自我を強く意識しだす反面、感化されやすい年頃でもあり今までの私の人生の中で最も激しく喜怒哀楽を感じて生きていた時だったような気がする。そしてそんな大人のつもりでまだまだ精神的に未熟な年頃の少年少女を誘惑する代表的なアイテムが2つある。その内の一つはお酒だ。私も10代の頃にお酒に手を出したが、体質的に全く合わなかった為に飲み続ける事はなかった。個人的にお酒の飲めない体質に生まれたのは不幸なようで幸運だと思っている。そしてもう一つがタバコだ。当初はタバコも自分の体質には合わない物だと思った。何故ならテレビで見る俳優が美味しそうに、そして気持ちよさそうに吸っているのに私には全く美味しいと感じられなかったからだ。

しかし10代後半に入り本格的にタバコを吸い始めた事はタバコを吸い始めたきっかけで書いた通りだ。どうしてあんなに不味かったタバコを本格的に吸い続けるようになってしまったのか、今になって気付いた事が幾つかある。

昔から酒、タバコの広告には「二十歳になってから」とか商品その物に「未成年は禁止」といった旨の記載がある。その記載が目に入ろうが入るまいが、どちらも二十歳になってから許される物である事は子供でも知っている。とりあえずここでは酒の事は置いといてタバコの事だけを考える事としよう。

「突然ですが質問です。喫煙者の多くは律儀に20歳以上になってからタバコを始めたと思いますか?」

正確な統計はないが大半の喫煙者は私と同様に10代から吸い始めた人が殆どだ。何故なら何か特別なきっかけでもない限りは20歳を過ぎて成熟した思考の大人が安易にタバコに手を出す事など稀なのだ。いや20代はまだまだ幼稚な人が多いと思うだろうが、二十歳を過ぎて罠にはまるような人は大概10代で既にはまっていると考える方が正しい。実際私の周りの喫煙者の殆どはタバコを始めた時期が10代であり、ちょっとだけ吸ってみたという経験はあっても成人後から本格的に吸い始めたという例は稀だ。

もっとタバコの罠を明確にしよう。未成年は禁止と言っておきながらもタバコ会社は未熟な思考の10代を標的にしている節がある。特に私の10代の頃はそう考えられる部分が多かった。現代では世界的にタバコや喫煙者への風当たりが強くなった為に10代の少年少女を中毒者にして後の上客にするのは難しくなってきてはいるが、私が10代の頃は学生服を着た未成年者でも堂々とコンビニでタバコを買えたし、今のようにtaspo(タバコ自販機用の成人識別カード)が無くても自販機でタバコが買えた。何より当時のタバコはちょっと贅沢なチョコレート並に安かったから子供でも小銭があれば至る所でタバコを手に入れる事が出来たのだ。

何故10代がタバコにはまるのかは意外に簡単に説明出来る。一つはカリギュラ効果というやつだ。カリギュラ効果とはダメと禁止された行為をやりたくなる人間心理の事だ。見てはダメと言われたら見たくなる、してはダメと言われたらしたくなる、こんな心理は誰にだってあるが10代の頃は特にカリギュラ効果の影響が強く出る傾向にある。二十歳になるまで吸ってはダメだと言われれば吸ってみたいと思うのは不思議でも何でもない。強く興味をそそるだけではないか。本当に未成年に吸わせたくないなら体の発育に悪影響があり身長が止まる事や中毒性があり常習者になる事、量を制御出来なくなった中毒者が沢山いる事も箱に記載するだけでなくメディアを通して大々的に伝えるべきなのだ。

もう一つはファッション性だ。上の方でも書いたがテレビドラマや映画で見る俳優がカッコよくタバコをふかしたり気持ちよさそうに吸えばタバコの未経験者はタバコが美味しそうに見える。感化されやすい10代の少年少女は自分もちょっとやってみようかなと思うだろう。近年はテレビや映画でタバコをお洒落にカッコよく演出する事に対して世界的に批判が上がるようになったので昔ほどではなくなったが、今でも一部のメディアの中ではカッコいいアイテムとしてタバコが登場する事は珍しくない。私の10代の頃と比べれば現代のタバコはファッション性がかなり落ちたが、まだまだお洒落でカッコいいアイテムだと思わせる罠は至る所に残っている。

しかしここで疑問が出てくる。初めてのタバコは明らかに不味いのだ。ヘビースモーカーでも初めて吸った時のタバコが不味かったのを何となく覚えているのではないだろうか。どうしてこの不味いが美味いに変わるのか?これこそがタバコの洗脳だ。

あれ、不味い?みんな美味しそうに吸ってるのにおかしいな?

やっぱり不味い、もっと吸い続けると美味しくなるのかな?

タバコが美味しいと思えるようになって初めて私は大人の仲間入りをする

タバコの味が分かって一人前だ、もっと吸わなくては

タバコに慣れてきた、やっぱりタバコは美味しいのだ

過去の自分を思い出してほしい。タバコは美味しい物に違いないのだと洗脳されているからタバコが不味い事に本当は気付いていたのに吸い続けてしまった。あの時の気持ちは間違っていなかった。ヤニで汚れていなかった正常な私の体は正直にタバコを拒んでいたのだ。しかし様々な情報の刺激により洗脳された頭は体を騙し続け、いつの間にかタバコが美味いと本当に思い込んでいる。タバコで1日が始まると思っているしイライラを抑制するとも思っている、数少ない人生の楽しみを与えてくれると思っている、惨めな自分を励ましてくれると思っている。いつの間にか気付いたら見事なまでに心も体も完璧に洗脳されているではないか!

でもちょっと待ってほしい。タバコの厄介な洗脳はこんな物じゃない。狡猾な手口が分かるのはもう少し先なのでこのままページを読み進めて下さいね。

トップページタバコの狡猾な洗脳(今のページ) > タバコの洗脳を更に知ろう(次のページ)