誰でも出来る簡単な禁煙法 メール リンク集 更新情報
反タバコ

反タバコ過激派達

喫煙者だった頃はタバコがいかに迷惑かを考えた事なんて殆どありませんでしたが禁煙してから臭いに敏感になった方も多い事でしょう。そしていつの間にか極度のタバコ、並びに喫煙者嫌いになった方もいます。

タバコ嫌いなのはいいけれど

私がまだ喫煙経験が一切無かった頃、両親が吸っていたタバコは大概気分が悪く迷惑な存在だった。喫煙経験の無い健康体であればタバコの煙や臭いは本能的なのか体に害がある事は何となく感覚的に分かる筈だ。一応子供たちの前で頻繁に吸うほどでは無かったので特別な嫌な思い出がある訳ではないのだが、当時はまさか自分が将来喫煙者になるなんて想像すらしなかった。

タバコの臭いが深く染みついた喫煙者が忘れてしまう事が幾つかある。まず煙が思いの外に迷惑である事。周りは吸いたくもないタバコの有害物質を吸わされているのだから当然だろう。二つ目にタバコは臭いという事。これに関しては感じ方が人それぞれ異なり非喫煙者であってもタバコの香りを好む人もいるが、大概の場合は迷惑であり喫煙者でも他人のタバコの煙や臭いを嫌う人もいる。三つ目は環境汚染だ。ポイ捨てなんてもってのほかだが残念ながら捨てられたタバコの吸い殻は未だにどんな場所でも目にするし、有害無害関わらず非喫煙者にとっては喫煙者以上に視覚的に汚く感じるものだ。

他にもまだまだタバコや喫煙者に対して迷惑を感じている非喫煙者がいるかもしれないが、近年では過激な程にタバコや喫煙者に対して敵意を向ける人が少なくない。喫煙者は貧乏で不潔で人の迷惑を顧みない愚か者だというレッテル張りまで行われているのをネット上で目にした事がある。今でこそ非喫煙者になった私だが、このようなレッテル張りはあまり気分の良いものではない。確かに統計上では貧困層に喫煙者が多い事はよく知られているし、タバコ税も上がり続けているのにも関わらず有害でしかないタバコを吸い続けるのは愚か者と見られても仕方ないのかもしれない。

しかし私から極度のタバコ嫌い、反タバコ過激派達へ言いたい事が一つある。喫煙者の全てがタバコが好きで好きで最高だと思って吸っている訳では決してないのだ。それ所か吸っている時こそタバコなんて止められたらいいのにと思っている人だっている。そう、長年の喫煙者の場合は十中八九タバコを止めたいと思っている人が大半だ。それもその筈、若い頃に5年、10年吸っても大して影響を感じなかったタバコも歳を取って15年目や20年目に突入してくると多かれ少なかれ体調の不調を感じるからだ。何かと体が怠かったり気力が湧かなかったり朝がとても辛かったりするのも歳のせいだと考えがちだがタバコが原因かなと薄々は気付いている筈だ。

実は私のとても身近な所にタバコを止めた筈なのにこっそりと吸っている人がいる。私の父親だ。私の父は既に心臓が1/3ほど壊死しているらしい。他に動脈硬化の症状もあるために定期的に病院に通い毎日何種類もの薬を飲んでいる。どうしてこうなったかは既にお察しの通りで長年の喫煙によりこのような体になった訳だ。以前に仕事から帰ってきて口から血を吐き出しながら病院に連れて行ってくれと頼まれた時はビックリしたが、それ以来禁煙していた筈の父もいつの間にかこっそりと喫煙しているのを私は知っている。

どうして父の喫煙に気付いたかはあまりに簡単だ。タバコは強烈に臭うのだ。父が自室の窓を開けてベランダでカチッという音をさせてから数十秒後、窓を閉めている各部屋にまでタバコの香りが漂ってくるほど強烈に臭うのだ。喫煙者はタバコの臭いに鈍感になっているが非喫煙者であればかなり遠くでタバコを吸っている人がいても風向き次第では気付いてしまうほどにタバコの臭いは強く漂う特徴がある。しかも非喫煙者以上にタバコに敏感な人間が存在する。そう、元喫煙者であり現禁煙者だ。しかし私は父に対して「いい加減にタバコを止めなよ」とはどうしても言えない。父の威厳や尊厳を傷付けたくないというのもあるが、何より死ぬかもしれないほどの経験をしたにも関わらずタバコが止められない惨めさを感じさせたくないというのが大きい。私の父のように止められたらいいのにと惨めに感じながらも止められずに仕方なく吸っていたりする人がいる事を分かってほしい。

反タバコ過激派の多くは元喫煙者

禁煙を長く継続していくコツはタバコの事をとことん嫌いになる事かもしれない。これで止められるならタバコを憎む禁煙法も悪くないが、憎悪は次第にタバコだけでなく喫煙者に向けられる筈だ。実は喫煙者に対して時に差別的な過激な発言をする反タバコ、反喫煙者の思想を持つ人の多くは元喫煙者である事が多い。喫煙習慣が全く無かった頃にタバコの煙の臭いを嗅いでもさほど不快に感じなかった人は喫煙者になると尚更タバコの煙への警戒感や不快感を感じなくなる。しかし不思議な事にいざ禁煙を始め一定期間タバコの煙から離れるとタバコの煙に対して過敏に嫌悪感を示す人がいる。実は私自身も禁煙後はタバコの煙所かどこかで燃やされているゴミの煙や焚火の臭い、車の排気ガスに対して過敏に反応するようになってしまった。冷静に考えればちょっと吸った程度で体に悪影響が出るわけがないのだが臭いを感じた瞬間に強烈に病気や息苦しさを連想してしまい、一瞬怒りが込み上げてきたりもする。

自分と同じように禁煙後に臭いに敏感になった人、そして禁煙の成功で喫煙者に対して優越感を抱いている人、喫煙者だった過去を深く後悔している人などは自分が過去に吸っていた事を棚に上げて反タバコ過激派思想に陥りやすい。そうする事で二度とタバコの誘惑に負けない事への確認にもなるし、迷惑な喫煙者を目にする機会減ってくれる事を期待しているからだ。私はどんな思想でも行き過ぎたものは不健全だと考えている。確かに迷惑だし喫煙者が減るのは歓迎したいが上で書いたように命の危険に晒されても止められない人はいるのだ。私はそんな人たちを愚か者だとか怠け者といった具合に罵声する気には到底ならない。

タバコ1箱1,000円

反タバコ過激派の主張の一つにタバコ税を上げて1箱1,000円にしようという話がある。とある禁煙ブログではアメリカやイギリスは禁煙先進国で有害なタバコ税が高いのは当然であり日本もそうするべきだといった趣旨が書かれてあったが、私は到底賛同出来ない。そもそも有害だからダメというなら大麻や覚醒剤と同様に製造も販売も吸引も禁止するべきなのだ。しかしそうならないのはタバコで幻覚を見て誰かを襲ったなんて事は今まで聞いた事がないし、タバコの禁断症状は想像している程強くはないからである。何かとタバコだけを槍玉に挙げるのはあまりに安直で滑稽だ。また、タバコを吸って病気になるのは自己責任というのは最近まで通用したが近年では喫煙者の周辺にも悪影響を及ぼすので自己責任だけでは済まないという主張もある。だったら車の排気ガスはどうなのか?車に限らずバイク、農業で使われるコンバイン、石油ストーブ等々、化石燃料を燃やして動く物全般を規制するべきでは?ちょっと極端な理論ではあるが最近では充電した電気や水素で発電して動く車も続々販売されるようになったし、いずれは化石燃料の使用に規制が入るかもしれないが今の所はタバコの副流煙の有害性だけを主張してもあまり意味のある事のようには思えない。

さて、私がいくらここで反対しようがタバコ1箱1,000円の時代が現実味を帯びてきている。既に自民党議連の総会でもアメリカやイギリスのように値段を上げようと話し合われているのだ。2020年のオリンピックに合わせて1,000円にしようという話もあるし、遅かれ早かれ今よりも値段が上がり続け、いずれは1箱1,000円時代がくるのは確実だ。そうなってくると吸いたくないのに吸っている人、止めたいのに止められない人はどうなってしまうのか?既にタバコの大幅増税に踏み切った国を見れば答えが見えるかもしれない。アメリカやイギリスを含むヨーロッパでは闇タバコが出回りだした。しかも闇タバコの一部原料が人糞やネズミの糞の可能性を指摘されており普通のタバコ以上に危険だったりする。

電子タバコの存在も見逃せない。国内では禁煙グッズの扱いだがアメリカやヨーロッパでは紙巻タバコに代わるニコチン吸引器だ。実は海外では国内のようにニコチンの制限が厳しくないので電子タバコで使用するニコチンリキッドも容易に入手出来る。しかし皮肉な事にこれらリキッドの中には発癌性物質であるホルムアルデヒドが紙巻タバコ以上に多く含まれていた物もあったという情報も最近になって出てきた。タバコが高くて買えない人達がもっと危険な物に流れて行ってしまうとタバコの増税の大義が無くなってしまうではないか。

もちろん増税をきっかけに止める人や量を減らす人は沢山出てくるのは想像に難しくないが、私の父のような人も世の中には存在するのです。もう十分過ぎるほど高いタバコ、こんな時だけグローバリズムだとかいう言葉を持ち出してアメリカやイギリスのような大幅増税で1箱1,000円にするのは勘弁してもらえませんかね。ええ、私は吸わないので困る事はありませんが世の中にはどうにもならない人がいて、そんな人達にもちょっとばかり配慮してほしいと思うのです。

トップページ反タバコ過激派達(今のページ)